看板工の友人のこんな話、あんな話。

友人は看板工をやっています。
バイトをしていたところにそのまま就職したんです。
もともと職人気質だから今の仕事についてよかったんじゃないかな。

さて、その友人が色々と仕事の話とかをしてくるんですが、
最近は看板を作るってことにもデジタル化や機械化の波が押し寄せているとか。
今は大きなインクジェットプリンターで絵の方を作って、
それをキレイに土台に貼り付けるんだとか。

私はてっきりハンマーとかでガンガン叩きながら作っているもんだと思っていたから、
ビックリでした。
考えてみたらあんなに細かい模様を描くなんていうのは難しいですよね。

芸大受験する私の友人

クラスの友達に志望校を聞いた時、ひとりだけ芸大受験する人がいてびっくりしたなあ。
だって全然知らなかったんだもん。
学校の成績もかなり上位にランクインしてる人だし、
てっきり有名大学に進学するんだとばかり思ってたよ。

芸大となると、普通の勉強だけじゃなくて、絵の勉強しないといけないでしょ。
デッサンとか油絵とか。

そういうのどうするのかなと思ったら、すでに芸大受験用の予備校に通ってるってきいて、
本気なんだって改めて思ったよ。

デザインや印刷で通販のカタログ作成の仕事

東京に住む私の友人は、デザインや印刷して通販のカタログを作るお仕事をしています。

http://www.pressbee.com/

30代後半になった頃には独立してデザイン事務所を立ち上げた、
バリバリのキャリアウーマンです。

走ったりプールで泳いだりするのがストレス解消らしく、
かなりの距離でも時間があったら徒歩移動しちゃうんです。
生活が不規則になりがちな仕事だから、日常的に努力して体力をつけなきゃって。

本当にパワフルで同い年とは思えない!